日々こんなことを思ってます(苦笑)

私がおすすめの黒ずみ対策クリームのアットベリー

 

 

年齢は25歳で職業は会社員です。

 

ワキ、二の腕の黒ずみ対策として使えるアットベリーは、例年の夏場にはよく使っていました。
今年も使う予定で居ます。

 

こういった黒ずみ専用のクリームは肌の弱い私には合うか合わないかが激しく分かれて1つ使いやすいものを探すのにも苦戦するのですが、アットベリーは便利なうえに肌に掛かる負担量も少なくて安心して使えます。
アットベリーが誇る満足度は非常に高く、なんと2015年時点で93.1%の支持率を獲得しています。

 

こういったボディケア商品を選ぶときに私がうるさく気にするのが「生産国がどこか」「無添加であり、変な成分が入っていないか」です。
いいクリームであっても生産国が日本以外だと不安で使う気にならず、安価だと余計に怪しんでしまいます。
日本製で少々お値段が張るくらいが一番安心できて、なおかつ肌に合わなかったことを考えると返金保障制度を設けているアットベリーのようなクリームには信頼ができます。

 

肌が弱く、合わないクリームを塗るとかぶれたり皮膚がむけてきたり痛くなったりしやすいので、長期間掛けて自分に合うかどうかしっかり見極められるほどの日数が設けられているのにも好感が持てます。(180日間)

 

成分は無添加で、変なものは入っていないようです。
説明を読む限り合成界面活性剤不使用、着色料無添加、ノンパラベンなど信用できる要素があります。
クリームの容量は60gでお値段は7200円です。

 

今まではロゼットから出ている角質ゴマージュを使って黒ずみを除去していたのですが成分が強すぎて少量を塗ってもヒリヒリしてしまってうまく使えずに困っていましたが、これを使い始めてからは肌の不調も感じなくなり肌自体もきれいになってきています。

 

夏場の肌の露出が多くなるわき、ひざ、ひじの手入れをコレで行うと肌に負担が掛からないため気に入っています。
わきは自分の目からは見えにくくケアが大変なのですが、アットベリーのクリームは質感がさらさらしすぎていなくてワキに塗りやすい質感だと思います。
さらさらしすぎていなくて、なおかつ硬い質感でもないクリームは手入れしやすいです。
さらさらしすぎていれば塗り足りない感覚になりやすくて塗りすぎてしまったり、硬い質感であれば肌に伸ばすときにゴシゴシとしてしまい肌が荒れてしまいます。

 

うるおいが持続して肌がケア後の肌の乾燥も目立たず、フローラル系の良いにおいがするので香りに癒されながら黒ずみのケアをすることができます。

 

【薬用アットベリージェル】は効果ない??|口コミ徹底検証!!